法人なかま

20189 September

ダイジェスト

神田周辺のスケッチシリーズ

神保町路地裏 (1丁目)

昔から神保町といえば「神田古本まつり」は世界的にも有名ですが、電子本で読める時代になり本離れが続いています。古本業界も同じあおりを受けています。個人営業の店が閉めると後には飲食店ができます。今では神保町はグルメの街になりつつあります。路地裏には古民家を改装したお洒落な食事処も並び若者達が集ってきています。大きなダクトが気になって描いてみました。いつまでこのような風景が見られるか心配です。

 

(絵と文 下田祐治)