本文へジャンプ

税理士からのアドバイス

第15回 遺産相続は2次相続まで考慮する

Q.被相続人甲の遺産は2億円で、相続人は配偶者乙と子Aの2人だけです。配偶者は1億6,000万円までの相続であれば相続税がかからないということですから、乙1億6,000万円、A4,000万円の遺産を相続すれば相続税が最も安くなると考えてよろしいでしょうか?

A.1次相続(甲の相続)の相続税は安くなりますが、2次相続(乙の相続)の相続税まで考慮すれば、必ずしも得策とはいえません。

1. 配偶者の遺産相続は2次相続のことも考える

前回解説したとおり、配偶者の遺産相続は、「法定相続分相当」または「1億6,000万円」のいずれか大きい額まで の相続であれば相続税がかかりません。これは「配偶者の税額軽減」という特例によるものです。1次相続だけを考え れば、この配偶者の税額軽減を最大限利用するのが相続税を最も安くする方法であることに間違いありません。

事例の場合、法定相続分相当は2億円×1/2=1億円です。1億円<1億6,000万円ですから、乙は1億6,000万円の遺産 を無税で相続することができます。

しかし、1次相続で乙が相続した遺産は、乙の相続(2次相続)の際に相続税の対象となります。2次相続では通常、 配偶者がいないこと、1次相続よりも相続人の数が1人少ないことから相続税負担が大きくなります。配偶者に相続税 がかからないからといって、1次相続で配偶者が多くの遺産を相続すると、1次、2次の相続税を合わせれば、結局多く の相続税を払うことにもなりかねません。

2. 具体的に計算してみると

甲の相続で乙が1億6,000万円の遺産相続をした場合の、1次、2次合計の相続税を計算すれば以下のとおりです。なお、相続税の計算方法は第10回「相続税の仕組み」をご参照ください。

<相続税額・・・1次相続500万円、2次相続2,300万円、合計2,800万円>

2次相続の税負担が重いことがわかるかと思います。事例の場合には、法定相続分どおり、乙、Aともに1億円ずつ相続した方が合計税額は安くなります。

<相続税額・・・1次相続1,250万円、2次相続600万円、合計1,850万円>

以上は、乙に固有の財産が全くないという前提です。乙に財産があれば、甲から相続した財産と合わせて2次相続の際に相続税がかかります。2次相続の税負担はさらに重くなりますので注意しなければいけません。乙に5,000万円の 財産があったとすれば、相続税額は次のようになります。

  • 乙が1億6,000万円、Aが4,000万円を相続

    <相続税額・・・1次相続500万円、2次相続4,300万円、合計4,800万円>

  • 乙、Aともに1億円ずつ相続

    <相続税額・・・1次相続1,250万円、2次相続2,000万円、合計3,250万円>

    このケースでは、1次相続でAの相続をもう少し増やした方がいいようです。

  • 乙が5,000万円、Aが1億5,000万円を相続

    <相続税額・・・1次相続1,875万円、2次相続600万円、合計2,475万円>

法人なかま 2010年5月号掲載