神田法人会青年部会ホームページ
トップページ 青年部会案内 活動紹介 入会申し込み  
 
全国青年の集い
ゴルフ大会
食文化研究会
役員会
老舗文化研究会
部会総会
観桜会
 
 
他年度の活動はこちらからどうぞ→

税金作文コンクールの様子はこちらから

東法連合 青連協 第1ブロック合同交流会

平成19年度の様子
日時 平成20年
2月27日(水)
コメント

「近頃、日本人がおかしくなってきているのではないか」と部会員どうしが語り合ったの が今回の企画の発端です。

日本の長い歴史の中から生まれた「神道」について考えることは、いわば人として当たり前のことができているか、自分自身を見つめ直すことなのかも知れません。若手経営者として日本の歴史と心を再認識し、日本の将来を考え直す良い機会になったと考えます。

廣瀬元夫、廣瀬美智俊総代にもご参列頂き、大鳥居宮司自らが熱っぽく語る神社の歴史や、清水禰宜による講義は私たちの心に深く刻み込まれたと言っても過言ではないでしょう。

 

 

<記>青年部会副部会長 藤井 隆太

東法連合 青連協 第1ブロック合同交流会

平成19年度の様子
日時 平成19年
11月9日(金)
コメント

年に一回、全国の法人会青年部会が一堂に会する「全国青年のつどい」。
今年は道後温泉、坊ちゃんで有名な愛媛松山で行われました。
神田からは大家部会長他4名が出席しました。

全法連田口会長、東法連柏原会長からの要請がありブースを設置することとなりました。
平成18年度の租税教育事業「小学生 真面目で愉快な 税金作文・スピーチコンクール」を、東京代表で全国に紹介してくる、これが今回の使命でした。
例年よりも一日早く会場入りし、朝からブース設置にてんてこ舞い。昼食での楽しみにしていたビールもガマンしましたし・・・。
少しは全国の法人会の皆様にアピール出来たのではないかと思います。

最後に、全国の青年経営者との交流というのはなかなか出来るものではありません。
若い皆さん、こういった機会を持つことが心豊かな人間を作ると思いませんか?

 

<記>青年部会副部会長 堀田康太郎
東法連合 青連協 第1ブロック合同交流会

平成19年度の様子
日時 平成19年
10月23日(火)
コメント

本年の第1ブロック合同交流会は日本橋法人会青年部会が当番幹事となり、日本橋三越本店にて行われました。
第1部は三越劇場創立80周年記念歌舞伎公演「傾城反魂香 二幕」を観劇いたしました。
市川右近演じる吃音の絵師・浮世又平を中心に迫力ある熱演の舞台を堪能させていただきました。
つづいて第2部は三越特別食堂にて交流会となりました。
市川右近さんも参加され、日本橋法人会らしい江戸文化のお話しや日本橋の過去、未来のお話しなど伺い、楽しい雰囲気のなか第6法人会メンバーとの交流を深めることが出来ました。
来年の当番幹事は、神田法人会青年部会となります。
皆様の御協力・御参加をおまちいたしております。   

<記>幹事 櫻井良一


ゴルフ大会

平成19年度の様子
日時 平成19年
9月9日(土)
参加人数 20名
コメント

青年部主催の会長杯争奪懇親ゴルフ大会が、去る9月9日 千葉のカナリヤガーデンカントリークラブの於いて、盛大に行われました。

腕自慢(?)の参加者20名は、往路ともチャーターしたバスに同乗し親睦を深めた次第です。
山田会長より寄贈された優勝トロフィーを獲得したのは福田薫さんでした。

年2回を予定している青年部主催の会長杯ゴルフ大会。
今回参加できなかった皆様も次回は奮ってご参加願います。

尚、準優勝は、木村さん、第三位は、松永さんとなり、ベスグロは、前評判通り、青柳さんでした。     

<記>青年部会幹事 森本信行

食文化研究会
平成19年度の様子
日時 平成19年
8月30日(木)
場所 岡永倶楽部
参加人数 29名
コメント

恒例の食文化研究会を8月30日(木)、残暑がまだ厳しい日本橋馬喰町の岡永倶楽部にて「秋を先取りした食と日本酒のガチンコ対決」を、親会の山田会長、井上副会長も出席いただき盛大に開催。秋の食材をふんだんに使った一品料理、一品ごとにその料理とマッチングする日本食が出され(大吟醸・吟醸・純米酒など)日本人の私は、あらためて日本酒の奥深さを体全体で感じ得ました。また、村越店長が出されるお酒の特徴や飲み方などを熱弁頂き参加者は、関心しきりでした。
今回、日本酒を飲むにあたり2点ほど非常勉強になることがありましたので報告しておきますね!

その1、まず最初に「ぬるめの燗」を飲んで、胃の調子を整えてから呑みはじめるとよい。
その2、日本酒一合を飲めば、必ず水も一合飲むようにする、そうすれば翌日が非常に楽である。
最近は、すっかり焼酎に押され気味ではありますが、やはり日本酒はうまかった!
繊細な日本食には、繊細な日本食ですね〜
そんな事を教えてもらった一日でした。 合掌

当日の料理
@白山だだ茶豆A鮭ハラスの香味焼き
B衣かつぎC秋刀魚のお酢煮Dカンパチの刺身
E舞茸と車えびの天ぷらF牛肉の朴葉味噌焼き
Gイカの塩辛H川俣軍鶏とキノコ鍋
Iバニラビーンズ入りクリームチーズ 

<記>青年部会幹事 家田 裕光


役員会
平成19年後役員会の様子
コメント

青年部会の各事業活動の具体案を検討するため、随時委員会を開催しております。
今年度は部会長以下18名の役員が集まって、さまざまなアイデアを出し、和気あいあいと活発に議論しております。

写真は、8月20日の役員会の模様ですが、7月の定期人事異動で新たに着任された神田税務署の幹部の方々にもご臨席いただき、いよいよ3ヵ月後に迫った「税金作文・スピーチコンクール」から、部会HPのプランに至るまで盛りだくさんの議題で熱心に討議しました。

猛暑の中集まった役員の面々は、会議終了後懇親会に移り、冷たい生ビールで乾杯!

<記>青年部会長 大家正光

老舗文化研究会
平成19年度の様子
日時 平成19年
6月28日(木)
場所 たいめいけん
参加人数 34名
コメント

神田法人会青年部恒例になった老舗文化研究会。今回は神田を飛び出して、お隣日本橋にある「たいめいけん」におじゃました。ご存じ洋食の老舗です。洋食と聞いただけで心が躍ってしまう私。今回もどんなお話が聞けて、どんな料理をいただけるのか楽しみに伺いました。
会場にはテレビでもおなじみ、茂出木社長がなにやら小さな凧をもってにこやかに登場です。実は、こちらにある凧の博物館も有名な所なのです。突然会場の中で凧上げをはじめられ、まるでチョウチョが空中を舞うような光景にびっくりしてしまいました。次に、目の前でオムライスの実演。こんな機会は絶対に無いと、思わずそばに寄って拝見させて頂きました。出来上がったオムライスは、なぜあそこまで卵がなめらかでピカピカに光るのだろうかと思うほどの出来映えでした。会場の中での凧上げといい、ピカピカのオムライスといい、まるで手品を見ているようでした。
さて、メニューはというと、当店ご自慢の洋風小皿料理。「少しずつ沢山の料理を楽しみたい」との一言で実現したと言うことですが、いろいろな料理に会員同士の会話も弾みました。コールスロー(天下一品)、ボルシチ(ボリューム満点)を昔ながらの価格で提供していることは有名です。老舗の心意気を肌で感じ、今回も楽しい交流会となりました。 

 
幹事 細川 宏美(記)

部会総会
平成19年度の様子
日時 平成19年
4月25日(水)
場所 サロン・ド・万惣サンク
参加人数 33名
コメント

本年は神田須田町の仏料理「サロン・ド・万惣サンク」にて、神田税務署の幹部の皆様方と、本会から諸先輩をご来賓とお迎えして、執り行われました。
前年度の事業報告及び決算報告と、本年度の事業計画(案)及び予算(案)が各幹事より発表されました。また、役員の任期改選期にあたる本年は、森田部会長から、大家新部会長に引き継がれることも発表されました。
総会後は、会場の料理長のマンゴースープの逸話や、藤井副部会長のフルート演奏、また各役員の方への花束贈呈など、随所に企画を織り交ぜながら、美味しい料理をいただき、懇親が深められました。
新部会長のもと、結束を新たにしてスタートできた会合となりました。

 
幹事 早川 智久 (記)

観桜会
平成19年度の様子
日時 平成19年
4月6日(金)
場所 神田明神境内
参加人数 53名
コメント

今年は3月初めから暖かい日々が続きましたが半ば過ぎから冷え込み開花は平年よりやや早かったものの、青年部会恒例の観桜会、これが終わらないと神田の桜も散ることができない思うほどでした。 当日は日本酒の利き酒大会が行われ、色や味や香りの個性を味わい、ほろ酔いながらも真剣に舌を競い合っていました。また、プロのサックス奏者を迎え夜桜と生演奏によるムーディーな雰囲気に境内は包まれました。     

幹事 青柳 浩司 (記)






 
 
 
Copyright(C)2005 KANDAHOUJINKAI-SEINENBU,Allrights reserved